鶴ヶ城春
更新情報 
 
 
<お知らせ>ふくしまで❝日本酒の旅❞をはじめよう。

 
<お知らせ>昭和村『今月の一枚』フォトコンテスト

 
 
【臨時休館のお知らせ】 
あいづ広域観光情報センターあいらんしょは4月1日より新たなスタッフを迎え、
皆様のお越しをお待ちしております。
4月につきましては下記の通り臨時休館とさせて頂きます。
 
4月5日(月)・12日(月)・19日(月)・24日(土)・26日(月)
 
ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

 
 
 
その他、FaceBookも随時更新中!!ぜひご覧ください(*^^)v
 
 
【動画】会津を旅するミスワールドです♡
 
会津を旅する①会津を旅する②会津を旅する③会津を旅する④会津を旅する⑤
 
 
<会津17市町村プロモーション映像>
 
みどころ紹介「夏」バージョン みどころ紹介「秋・冬」バージョン 

ふくしまで❝日本酒の旅❞をはじめよう。

2021年4月21日

ふくしまのお酒は、芳醇・淡麗・旨口 
 
ふわりとした吟醸香があり、飲み口が軽快で、日本酒本来の旨味がしっかりと感じられるのがふくしまの酒。広~いふくしまで醸し出される日本酒は個性も豊か。 
ふくしまで、お気に入りの日本酒を探す“日本酒の旅”、はじめてみませんか? 
 
【酒蔵を知る】芳醇・淡麗・旨口のふくしまの酒を醸し出す酒蔵を覗いてみよう! 
 
【旨いものを呑む&食べる】どのエリアにも、お酒にぴったりの美味しいものがたくさん! 
 
【お宿に泊まる】お酒も温泉も観光も、お宿に泊まれば旅の楽しみがぐ~んと広がります! 
 
【地酒を買う】日本酒ファンなら立ち寄るべし!地酒専門店でレアな地酒をゲット! 
 
【酒器にこだわる】ふくしま各地で作られている多彩な酒器を、お土産や自分へのご褒美に! 
 
お問い合わせ:福島県観光交流課 
TEL:024ー521ー7398(観光推進担当)
 
引用先ふくしま酒蔵ホームページ 
ふくしま日本酒の旅

昭和村『今月の一枚』フォトコンテスト

2021年4月20日

あなたの視点で“昭和村らしさ”を切り取ってみませんか?
2つの部門で作品を募集します!どちらの部門も賞品をご用意しています。 
ぜひ、ふるってご応募ください。 
 
【みんなが選ぶ部門】 
応募内容:「昭和村らしさ」が感じられる作品。
※「昭和村らしさ」の定義はありません。撮影者の主観で昭和村らしいと感じられるものを写してください。
応募期間:2021年4月から12月までの、毎月1日から21日(必着)まで。
ただし、原則として毎月先着50名程度で締め切ります。 
 

【カレンダー部門】 
応募内容:「昭和村の美しい風景」をテーマに、季節感のあるカレンダーにふさわしい写真を募集します。  
応募期間:2021年4月1日から8月31日(必着)まで。 
 
※賞品・選考方法・応募方法などの詳細は昭和村観光協会ホームページをご覧ください。  
 
お問い合わせ:一般社団法人昭和村観光協会 
TEL:0241ー57-3700(平日9:00~17:00) 
 
引用先昭和村観光協会ホームページ 
昭和村フォトコンテスト
 

飯盛山『白虎隊慰霊祭』新型コロナウイルス感染拡大の為中止

2021年4月18日

毎年4月24日(墓前春季祭典)、9月24日(墓前秋季祭典)の10:30~、福島県会津若松市の飯盛山で『白虎隊慰霊祭』が行なわれます。公益財団法人会津弔霊義会の主催で、幕末戊辰戦争で散った白虎隊の霊を慰めるため、飯盛山の白虎隊士墓前で、慰霊祭と会津高校剣舞委員会生徒による「白虎隊剣舞」の奉納が行なわれます。

しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大の影響によりまして、残念ながら、令和3年度4月の墓前祭については、剣舞奉納は行わず、役員のみでの参拝となりました。
ご了承のほどよろしくお願いいたします。

飯盛山の桜も、散り始めておりますが、これからは、新緑が一層綺麗になる季節で、白虎隊士の墓前や国の重量文化財でもある「さざえ堂」の周りも輝く緑に包まれます。

引用先 https://www.360navi.com/07fukusima/01aizu/05byakotai/photo02.jpg 

戊辰戦争のおり、16~17歳の少年たちで編成された白虎士中二番隊が戸の口原合戦場から退却し、滝沢峠の間道を通り、戸の口堰の洞門をくぐり飯盛山に辿り着くと、鶴ヶ城の天守閣は黒煙の中に見え隠れして、「城は陥落したか、今は主君のために殉じよう」と、全員が自決しました。1人だけ生き残った 飯沼貞吉 によって、白虎隊の忠義と悲運の物語は広く人々に知られるところとなりました。春と秋の年2回行われる墓前祭では、白虎隊を偲びその霊を慰める剣舞が奉納されます。

お問合せ会津若松観光ビュロー
TEL 0242-23-8000

近藤勇墓前祭

2021年4月17日

新選組局長近藤勇の命日にあたるこの日に墓前祭を挙行します。 
土方歳三が足の治療を続けている間、毎日この現場に来て指図し、建立させたと言われており、墓に葬られているのは、京都の三条河原から新選組隊士が奪ってきた首であるとも、また遺髪であるとも言われています。 
 
 
【開催日】令和3年4月25日(日) 
 
【開催時間】11:00~12:00 
 
【開催場所】天寧寺墓地  
 
【お問い合わせ】会津若松ライオンズクラブ事務局                    
TEL:0242ー26ー2288 
 
【引用先】会津若松観光ビューローホームページ 
近藤勇墓前祭
 
 
 

あいづ着物でさんぽ

2021年4月16日

着物姿で、会津のまちなかを散策! 
 
手ぶらで来て、着物に着替えられるから、超お手軽。みちのく会津を着物で観光すれば、絵になる思い出もいっぱい出来ます。
 
 
【開催期間】令和3年4月3日(土)~令和3年5月9日(日)
※期間中の土・日・祝日に、会津若松駅構内で開催いたいます。 
レンタル申込2日前までにお願い致します。 
期間外でも対応可能な場合がありますので詳細はこちらにお問合わせください。 
(一財)民族衣裳文化普及協会TEL:0120ー029ー315

 
 
【着付会場】会津若松駅構内 ※あいづ着物でさんぽの看板が目印   
 
【レンタル時間】9:00~16:00 
  
【主催】あいづ着物でさんぽ実行委員会 
【事務局】会津まつり協会 
 
【お問い合わせ】
<レンタル申込先>(一財)民族衣裳文化普及協会TEL:0120ー029ー315 
<お問合せ>会津まつり協会TEL:0242ー23ー4141 

【引用先】会津まつり協会ホームページ 
あいづ着物でさんぽ 
 

鶴ヶ城おもてなし市

2021年4月15日

鶴ヶ城にておもてなし市を開催いたします。
 
会津のお菓子や会津若松の物産品でもある会津漆器や、絵ろうそく、赤べこ、起き上がり小法師なども販売予定です。 
 
※桜の開花状況や新型コロナウイルス感染拡大の状況によりお休みする場合もございますのでご了承下さい。 
 
 
【開催期間】4月14日(水)~5月5日(水・祝) 
 
【開催時間】9:00~16:00 
 
【開催場所】鶴ヶ城稲荷神社脇

【お問い合わせ】会津若松観光ビューロー 
TEL:0242-23-8000 
 
【引用先】会津若松観光ビューローホームページ 
鶴ヶ城さくらまつり

磐梯山慧日寺資料館庭園ライトアップ 夜桜

2021年4月14日

磐梯山慧日寺資料館庭園内の桜をライトアップします。
今年は桜の開花が早いことからライトアップ期間が早まりました。

 
※ご来場いただくお客様へ 
磐梯町全体で新型コロナウイルス対策に取り組んでおります。 ライトアップを楽しんでいただくため、お客様におかれましても対策にご協力いただきますよう、お願い申し上げます。 
また、新型コロナウイルスの感染状況により、中止とする場合がございます。HPまたはお電話でご確認ください。

【開催期間】令和3年4月16日(金)~4月24日(土) 
 
【開催時間】18:00~20:00 (荒天中止) 
 
【開催場所】磐梯山慧日寺資料館庭園 
 
【入場料】無料 
 
【お問い合わせ】磐梯山慧日寺資料館 
TEL:0242-73ー3000 
 
【引用先】磐梯町ホームページ
磐梯山慧日寺資料館ライトアップ夜桜 
 

ブナセンター友の会 写真展 只見の自然と暮らしを撮る

2021年4月13日

只見町の自然や文化の魅力をよく知るブナセンター友の会会員やその家族、只見高校生が撮影し、スマートフォンに眠ったままになっている写真、家族も忘れかけている古いアルバムの写真など、豊かな自然やその中で暮らす人々の生き生きとした表情をお見せします。 
 
新旧織り交ぜた約500枚の写真を会場いっぱいに大公開します。 
“暮らし”にこだわった展示を通じて、町内外の皆さまに只見の魅力を実感していただければ幸いです。 
  

【開催期間】令和3年4月10日(土)~令和4年3月31日(木) 
 
【開催場所】ただみ・ブナと川のミュージアム 休憩室 
  
【観覧料】無料 ※常設展や企画展の観覧には入館料が必要です 
 
【入館料】高校生以上310円、 小・中学生210円
※20名以上の場合団体割引があります
※只見町内在住の小・中・高校生は入館料が無料になります 
 
【開館時間】午前9時~午後5時(最終受付は午後4時)
 
【お問い合わせ】只見町ブナセンター 
TEL:0241-72-8355
午前9時~午後5時(火曜休館・祝祭日の場合は翌平日・年末年始)

 
【引用先】只見町ブナセンターホームページ 
只見町の自然と暮らしを撮る

ページのトップへ