鶴ヶ城 秋
更新情報 
 
 

 
 
 
<お知らせ>あいづ食の陣 冬 上質の会津地鶏をめしあがれ。
  
 
 
<お知らせ>i(あい)らんしょ。冬季 営業時間変更のお知らせ

 
 

 
その他、FaceBookも随時更新中!!ぜひご覧ください(*^^)v
 
 
【動画】会津を旅するミスワールドです♡
 
会津を旅する①会津を旅する②会津を旅する③会津を旅する④会津を旅する⑤
 
 
<会津17市町村プロモーション映像>
 
みどころ紹介「夏」バージョン みどころ紹介「秋・冬」バージョン 

あいづ食の陣 冬 上質の会津地鶏をめしあがれ。

2021年1月13日

会津地鶏の復活のきっかけは昭和62年にやってきます。
福島県が会津地方の農家から譲り受けた会津地鶏を鑑定したところ、「会津地鶏は会津固有の種である」ことが判明し、原種として維持・増殖したのです。 現在の「会津地鶏」はその原種を改良し、大型で肉質もよく産卵能力を向上させた品種です。

会津地鶏の最大の特徴は、ほどよい歯ごたえとコクのある旨味! その美味しさの理由は? 
 
 
健康な環境と長い飼育期間が、上質の旨味を産む!
飼育期間は通常のブロイラーの約2倍の日数(120日)をかけ、 雛から「平飼い」という、自由に動き回れる飼育環境で育ちます。
ほどよく脂がのった「ぷりっ」とした肉質に加え、コク深い味わいも併せ持つ上質の肉になるのです。 
 
 
会津地鶏は、卵から上質!
会津地鶏は、通常の鶏と比べて半分程度しか卵を産みません。
そのため、卵本来のコクや旨みが凝縮された、とっても美味しい卵になります! 
 
 
旨い会津地鶏作りに、妥協しない生産者がいる!
会津地鶏は生育の手間もかかり、販売価格は高めとなりますが、妥協せずに旨い鶏を作りたいと頑張っている生産者の方々がいます!
質の高い会津地鶏を、美味しく安全に消費者に届けようと、安全管理・品質管理に努めながら飼育・販売しています。
彼らのおかげで今の会津地鶏ブランドがあるのです。 
 
 
開催期間
2021年1月1日~3月31日 
 
 
開催場所
会津若松市内参加店舗 
 
 
お問い合わせ
あいづ食の陣実行委員会 事務局(会津若松市農政課内) 
TEL 0242-39-1253  
 
 
引用先
あいづ食の陣ホームページ 
 
 
111

i(あい)らんしょ〖年末年始のお知らせ〗!!

2020年12月29日

今年も早いもので、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。
皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年は、当施設のご利用と観光及びイベントの情報を多くご提供していただくなど公私にわたり、特段のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
来年も誠心誠意努力していく所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう、「i(あい)らんしょ」スタッフ一同心よりお願い申し上げます。
尚、「i(あい)らんしょ」の年末年始の休館期間は下記の通りです。

年末年始休館期間
  2020年12月30日(水)~2021年1月3日(日)
  新年は1月4日(月)9:30より開館となります。

時節柄、ご多忙のことと存じます。
くれぐれも体調などお崩しになられぬようお気をつけくださいませ。
来年も相変わらぬご高配を頂けますようお願い申し上げ、歳末のご挨拶とさせて頂きます。
それではよいお年をお過ごしくださいませ。

                              令和2年12月29日

                           あいづ広域観光情報センター
                        「i(あい)らんしょ」スタッフ一

FUKU博 にご参加いただいた皆様へ

2020年12月24日

この度は、『ふくしまEXPO FUKU博 2020in会津』にご参加いただきありがとうございました。
お陰様で大盛況で終わることができました!
 
またこの様な機会がございましたら再びご参加いただけますと幸いです。 
 
あいづ広域観光情報センター iらんしょスタッフ一同

只見の天然資源とその利用~冬の暮らしと手仕事編~

2020年12月20日

本企画展は、2014年に開催した企画展「只見の天然資源とその利用」の中から“冬の暮らしと手仕事”に焦点を絞って再編したものです。今回の企画展では只見町に特徴的な豪雪の冬に着目し、只見の冬の暮らしを支える天然資源とその利用について紹介します。 

只見は日本有数の豪雪地です。只見の人々は長い冬を乗り越えるために、天然資源を活かして様々な準備をします。冬の暖を取るためにブナやナラなどの薪や炭を蓄え、食料を確保するために山菜・キノコ・木の実・農産物などの保存処理が行われます。積雪がもたらす地理的・社会的条件を背景に、冬の気候を積極的に活かした独自の文化も発達しました。 

冬は農閑期に当たりますが、身近な植物を材料として生活を支える様々な道具を作る手仕事のための期間でもありました。現在はこうした手仕事による道具の大部分は工業製品に置き換わり、従来の生活を支える手仕事は失われつつあります。それでもなお物作りに携わる人々は伝統的な技法を学び、継承しながらも、創意工夫を凝らして新素材の導入や新しい技術を生み出しています。 

豪雪は地域社会の発展の障害とも捉えられますが、豊かな天然資源を拠り所とした雪国・只見の独自の生活文化を育む土壌でもありました。本企画展で紹介する只見の天然資源とその利用にともなう冬の生活文化を通して、私たちのこれからの暮らしを考える機会としていただければ幸いです。
 
 
会期
2020年12月19日(土)~2021年3月29日(月) 

 
場所
ただみ・ブナと川のミュージアム 2階ギャラリー 

 
入館料
高校生以上310円、 小・中学生210円
※20名以上の場合団体割引があります
※只見町内在住の小・中・高校生は入館料が無料になります 

 
お問い合わせ
只見町ブナセンター
TEL 0241-72-8355
午前9時~午後5時(年末年始、火曜休館) 
 
 
 
引用先
只見町ブナセンター 
 
 
111

おたねにんじんフェアinあいづ 開催中

2020年12月6日

おたねにんじんを薬膳鍋やカレー、スイーツなどでおいしく食べられる「おたねにんじんフェア」が会津地方の飲食店で開催されています。
会津地方のおたねにんじんは「朝鮮人参」「高麗人参」とも呼ばれ、江戸時代から栽培がはじまり、300年以上の歴史があります。4~6年という長い時間、土の中の栄養を吸収・蓄積したおたねにんじんは、食べれば強壮・疲労回復・血流改善など多くの効果があります。
ぜひこの機会に、おたねにんじんを食べて元気になりましょう! 
 
 
開催日
令和2年11月20日(金)~令和3年1月17日(日) 
 
 
開催場所
会津地方の飲食店18店舗 
 
 
お問い合わせ
福島テレビ会津若松支社
TEL 0242-29-8000 
 
 
引用先
ふくしまの旅 福島県観光情報サイト 
 
 
1
2

只見町ブナセンター 大型哺乳類の生態

2020年12月5日

只見町ブナセンター講座のご案内 

講座「大型哺乳類の生態」 

本講座は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、インターネットのライブ動画配信にて開催いたします。 
 

●講師
三浦 慎吾 氏(早稲田大学名誉教授・只見ユネスコエコパーク支援委員会委員) 

●配信日時
令和2年12月13日(日)13:30~15:30 

●視聴方法
只見町ブナセンターのYouTubeチャンネルに、上記の配信時間内にアクセスし、講座タイトルの動画を開いてください。事前申し込みは不要です。
見逃し配信は、ブナセンターホームページをご確認ください。
只見町ブナセンターYouTubeチャンネル
  

 
お問い合わせ
只見町ブナセンター TEL:0241-72-8355 
 
 
引用先
只見町ブナセンターホームページ 
 
 
ブナ 
 

i(あい)らんしょ。冬季 営業時間変更のお知らせ

2020年12月3日

日頃より『あいづ広域観光情報センター i(あい)らんしょ。』をご利用いただきありがとうございます。
 
12月1日より営業時間が変更となりますのでお知らせいたします。
 
 
【期間】
 令和元年12月1日~令和2年3月31日まで
 
【時間】
 9時~17時
   ⇩(変更後)
 9時30分~16時30分

 
 
皆様にはご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願いいたします。

3

『FUKU博』スタンプラリー開催中!

2020年11月21日

歴史・文化体験スタンプラリー開催中!
参加施設を巡って、会津若松市の歴史や伝統工芸、郷土料理を堪能しよう! 
 
 
期間
10月31日(土)~11月30日(月) 
 
 
スタンプラリー参加方法
「サテライト会場」で3個以上、メイン会場のあいづ広域観光情報センター「iらんしょ。」で1個、合計4つ以上のスタンプを集めた方に記念品を贈呈します。
(先着600名様) 
 
 
参加施設
会津若松市内「まちの駅」21施設
七日町通り・いにしえ夢街道など9施設
参加会場はこちらからご確認ください。 
 
 
施設利用、商品購入、お食事、体験などご利用いただき、1施設につきスタンプ1個押印されます。 
「iらんしょ。」でさらにスタンプ1つ押印、合計4つ以上で記念品とお引き換えします。 
 
記念品赤べこ厄除けセットプレゼント 
マスク 
 
 
お問い合わせ
あいづ広域観光情報センター iらんしょ。
TEL 0242-23-7854 
 
 
引用先
ふくしまEXPO FUKU博 2020in会津ホームページ 
 
 
ふく博

ページのトップへ